祥和会とは

社会福祉法人祥和会は、西部心身障害児(者)父母の会(現鳥取県西部手をつなぐ育成会)が鳥取県西部地区の障害者の働く場の確保を求め設立されました。その後南部町を中心に大山町、日野町、米子市に様々な福祉サービスの拠点を設立しています。
 人と人のふれあいの深さと豊かさを実現し、障がいのある人、ない人に関わらず、誰もが暮らし易い「やさしい町」ができあがっていくよう、働く場の確保、生活の場の確保、余暇支援の充実を図り、利用者本人の安心、家族の安心、地域の安心が得られるよう努力しています。
syoufuku

◆法人の歴史

昭和57年 西部心身障害児(者)父母の会が鳥取県西部地区の障害者の働く場の確保を求め、小型授産プロジェクトチーム発足
昭和59年 西伯町より旧法勝寺高校校舎を無償借受、ミニ授産施設わかとり福祉作業所開設
平成元年 社会福祉法人祥和会の設立認可
平成元年 知的障害者通所授産施設わかとり作業所開設(定員30人後に40人)
平成2年 わかとり福祉作業所をあまつの家に改人
平成6年 知的障害者更生施設祥福園開園(定員70人)
平成9年 わかとり作業所大山分場開設(定員8人後に10人)
平成10年 祥福園通所部開設(定員10人)
平成11年 わかとり作業所フラワー分場開設(定員8人)
わかとり作業所日野分場開設(定員10人)
平成16年 グループホーム「どんぐりHouse」(定員4人後に7人)開設
平成17年 わかとり作業所日野分場を通所授産施設「セルプひの」(定員20人)として開設
わかとり作業所コスモス分場(定員10人)開設
セルプひの内に居宅介護事業所「サポートセンターなごみ」開設(後に南部町福成に移転
平成18年 「サポートセンターなごみ」内に相談支援事業所開設
平成21年4月 あまつの家を地域活動支援センターへ移行
平成23年3月 わかとり作業所を就労支援B型・就労移行支援の多機能型、祥福園を障害者支援施設に移行、わかとり作業所大山分場を
移転し小竹の郷として就労継続支援B型事業開始
平成23年11月 セルプひの(就労継続支援B型)移行、小規模作業所ふるさとをわかとり作業所の従たる施設とする
平成23年12月 地域活動支援センター「あまつの家」を廃止し、わかとり作業所に吸収
平成24年1月 小規模作業所「ほっとサロン」を就労継続支援B型(定員10人)とする
平成24年4月 一体型ケアホーム・グループホーム「あいみの家」(定員11人)開設

 

■平成23年度施設会計収支計算書 PDF(108KB)
■平成22年度施設会計収支計算書 PDF(53KB)

■  26決算HP用 各年度財産目録、貸借対照表合算(26年度) ★現況報告書(26年度)